人気でおすすめの結婚相談所を5社、比較しランキングにしています。

時間

入会前であれば資料請求をしたり、問い合わせ、初回カウンセリングなどに時間をとられてしまうことがあります。
場合によっては自分のスタイルに合った相談所を選ぶために時間がかかる場合もあります。

 

入会が決まった後も、相談所によって提出書類は違ってきますが、
独身証明書や収入証明書、住民票、卒業証明書などの書類を用意する必要があり、市区町村役所に出向いたり、母校に連絡をしたりしなければなりません。
本人でないと受け取れない書類もあります。

 

入会後も入会手続きや初回カウンセリングがあり何度も相談所に足向く必要があり、実際に活動が始まるまで約半月〜1ヶ月、時間がかかってしまいます。
しかし、このカウンセリングをしっかりと受けなければ理想の条件の異性と出会えなくなってしまう可能性があります。

 

また、相談所に関係なく「婚活」するのであればある程度、貴重な時間を費やさなければ将来のパートナー探しはできません。

 

結婚に対して真剣に向き合って、時間を割かないことには何も始まらないのです。

費用面での負担

やはり最大のデメリットといえば費用面での負担が大きいのではないでしょうか。

 

相談所によってもそうですが、同じ相談所でも料金プランや活動内容によって費用は異なりますが、入会金やシステム料は合算すると数十万円ほどかかります。

 

そして、この金額を払っても必ずしも結婚できるというわけではありません。

 

高い、安いの感覚には個人差がありますが、高いお金を払って入会している方ですとそれだけ真剣度が高いということでもあると思います。

 

アドバイザーさんが自分の代わりに条件に会った人を探してくれて、運命のパートナーに巡り合えると考えると、「安い」と考えられるかもしれません。

アドバイザーさんとの信頼関係を築く必要がある

結婚相談所のアドバイザーさんには自分のプライベートな事も話さなくてはならない場面があります。

 

どうしても話したくない場合は別ですが、アドバイザーさんと恋愛の悩みを分かち合うには信頼関係が必要となってきます。

 

アドバイザーさんと仲良くなれるかどうかが成婚をすばやく決める秘訣だ!という人もいます。

悪徳業者の存在

結婚したい!という純粋な思いを踏みにじるような悪徳業者は存在します。

 

結婚相談所の悪徳業者は、会員を装ったサクラを使用していたり、すでに活動停止している会員のプロフィールをそのまま使用していたり、最初は安い値段を書いておきながら後々「必要経費」と言って驚くくらいに法外な金額を請求してきます。
法外な金額を請求してきて、それに見合ったサービスをしてくれるのかというとそうではありません。

 

そんな悪徳業者にひっかからないようにするために、しっかりした会社なのか、費用の内訳がどうなっているのかなど、しっかりチェックする必要があります。